NEWS

【IKEPOD】世界限定50本 SEAPOD販売開始しました。

1994年にオリバー・アイク(Oliver Ike)と「POD」に代表されるデザインの魔術師、マーク・ニューソン(Marc Newson)の一世を風靡した、この伝説的時計ブランドが、2019年、長い休眠を経て復活。

コロナ禍で確実変化しているライフスタイル、そのなかでも増えているアウトドアへの対応力を備えたダイバー、Seapod(シーポッド)。
IKEPODのアイコンであるUFO型ケースを使用しながらも200M防水を叶えました。
デザインを手掛けたのは、hD3に属し、タグ・ホイヤーなども手掛けてきたFabrice Gonet(ファブリス・ゴネ)。

お馴染みのUFO型ケースは、46mmと大振りのケースサイズでもエルゴノミクスに基づいた表から裏面に続く曲線がスマートに見せ、腕に着けても実際に皮膚に触れる部分は骨の上に乗るイメージで、装着感にも不快感がありません。

今回、装いも新たにブロンズケース、GMT機能を備え、各色50本のみ、3つの限定モデルが発売されました。

新たに搭載したGMT機能は、Seaslug(シースラグ) ウォッチへのオマージュでもあります。

本製品には1本1本に限定50本の証であるシリアルナンバーが刻印されています。

ステンレススチールにはない、深みのあるブロンズケース。
使い込むほどに味を増して、人生を歩む時間と共にエイジングし、深みが増していきます。